息子が突然アレルギー性紫斑病になったお話③

アレルギー関連

息子が5歳で突然アレルギー性紫斑病になりました。

日々の記録を更新しています。

まずは①から読んでください。

安静を告げられて、すぐに職場、保育園に連絡をいれました。

長い期間のお休み。

はじめての経験だったので、どうしたらいいのか不安でした。

息子はというと。。

「保育園休めるの?やったー?」

おいおい。

まぁ、元気そうでなにより。

当時の息子の紫斑病の足です。

薬を朝昼晩と飲み、塗り薬を塗ってあとはとにかく安静にするしかありませんでした。

息子との2人での隔離生活。

コロナに感染した以来です。

また長く引きこもる日がくるとか。。

家でずっとYouTubeをみたり

テレビを見たり

カードゲームをしたり。

安静に。

安静に。

とは思っていますが息子もずっと座り続けることはできません。

ついつい動いたり、

飛び跳ねたり、走ったり。

その度に

「走っちゃダメ」

と注意する自分が嫌でした。

3日ほど経つ頃には

「まぁ、少しくらいいっか」

になっていました。

買い物にも行かないといけませんでした。

息子を置いていくことはできず。

スーパーに行く時は

カートに乗せてなるべく歩かせないように気をつけていました。

1週間ずっとお休みをすることはできなかったので

母や義母にお願いをして見てくれる日は預けることにしました。

少しずつ少しずつ治ってくれることを祈っていました。

しかし。。。

④へつづく。

↓↓

よかったらブログランキングクリックをよろしくお願いいたします☆

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました